フィラリアのシーズンもひと段落したので…

院内の掲示物を新しくしてみました☀
今回は、デンタルケアについての掲示です

IMG_3169IMG_3170

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虫歯の日は6月、いい歯の日は11月と、格別歯とは関係ない時期ですが、
(一応8月8日は歯並びの日らしいです…)
飼い主様に御相談いただく内容で多いものは何かな❓と考えたときに
口臭や歯石についての相談がやはり多いと感じます💡

わんちゃんねこちゃんは、人と違い口の中のpH(酸性度)がアルカリ性になっていることで
虫歯にはなりにくいとされていますが、人と違い歯石がとてもつきやすい動物です🐶😸

ご飯のあとの食べかすや口腔内細菌などが歯に付着し、歯垢(しこう)と呼ばれる汚れになります。
それが3,4日たつと、唾液中のミネラル分とともに石のように固くなり、歯石となります。
歯石になってしまった汚れは擦っただけでは落ちず、そのまま放置していると歯周病になってしまいます。
歯周病が進行すると、鼻水やくしゃみ、口の痛みやよだれなどの症状や、
ひどくなると顏が腫れたり、溶けてしまった顎の骨が骨折してしまうことも‼

そして3歳以上のわんちゃん猫ちゃんのなんと約80%が歯周病を持っているといわれています😲

ついてしまった歯石を取り除くには、麻酔下でのスケーリングが必要となるため、
歯石になるまえに取り除いてあげることが大切です🌟

とはいえ、嫌がる子への毎日の歯磨きはお互いにストレス💦
当院では、効果やお手軽度など、ご希望に合わせてお家のわんちゃん猫ちゃんに合った
デンタルケア製品を数種類の中からおすすめさせていただいております💡

人間と同じく、わんちゃん猫ちゃんにとっても、歯は一生もの✨
無理なく続けられる方法で、毎日楽しくケアしてあげてください♪

土日も診療、豊橋市の動物病院、セピどうぶつ病院、獣医師の五十嵐晶子でした🌷