こんにちは。院長の五十嵐です。

今年ももうすぐ終わってしまいますね。最近は一年が本当に本当にあっというまに感じます。

先日、数日に渡り病院の午後にお休みをいただき大阪で開催された手術の実習セミナーに参加して来ました。全部で4日間のセミナーで実際に豚の内臓臓器を使って人間の手術手技・理論に基づいて手術技術を習得することを目的としたセミナーで2日間は胃・腸の手術実習で残りの2日間は肝胆道系と泌尿器の手術実習ががそれぞれ1日ずつでした。

胃・腸の実習では縫合部の漏出と狭窄を防ぐためにいかに綺麗に縫合するか、そのための縫合法と消化管のつなぎ方をメインにBillrothⅠ(単純結紮Hemi-Layer to Layer)、BillrothⅡ胃空腸吻合(連続Hemi-Layer to Layer)、Broun吻合、Roux-en-Y、Gambee縫合、Back-wall Ganbee縫合などを学び、肝胆道系の実習では胆嚢管-胆嚢底定型的胆嚢摘出術、肝部分切除(ペアン法、オーバーマットレス縫合)、外側左葉切除(グリソン鞘一括処理、ギロチン法)、内側右葉切除(トンネリングと盲目的結紮)、胆嚢十二指腸吻合、泌尿器の実習では腎切開と縫合、尿管切開と縫合、尿管-膀胱縫合(Drop-in、Boari Frap &Drop-in、膀胱外新尿管吻合)と本当に盛りだくさんの内容でした。あまりにも内容が濃く、実習が終わった日は知恵熱が出そうなくらいぐったりしてしまいたが確実にスキルアップをすることができた貴重な時間でした。

今年も様々な学会・セミナーに参加することにより、新たな知識と技術の習得をすることができました。度々、病院を不在にすることにより飼い主様にはご迷惑をおかけしますが日進月歩の獣医寮に置き去りにされることなく、これからも動物と飼い主様へ適切な治療・情報を提供できるよう精進して参りたいと思いますので、ご理解とご協力のほど今後ともよろしくお願い致します。

今年も皆様のおかげで無事に一年を過ごすことができました。来年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

土日も診療 愛知県豊橋市の動物病院 セピどうぶつ病院でした🐾