こんにちは☀獣医師の五十嵐です
先日、病院内で眼科セミナーを製薬会社さんに開催してもらいました✐

通常は院内セミナーというと、製薬会社さんやフード会社さんのお話を聞き、
薬やフードの特徴、作用機序などについて勉強させてもらうのですが
今回は実習形式でのセミナーを開いてもらい、獣医師と看護師で
眼科の検査方法や保定方法などの実習をさせてもらいました‼︎

目といっても、角膜や水晶体、網膜や涙腺など様々な部分の病気があり
診断が難しい病気や、眼科専門の病院でないと出来ない検査もあったりします👀

今回は、いろいろな検査の中からスリットランプ検査、眼底検査、
眼科検査時の保定の仕方などを学ばせてもらいました💡

スリットランプ検査は、眼に細い光(スリットランプ)を当てて角膜、眼房、虹彩、水晶体などを観察する検査です。

角膜の傷の深さ、前房フレア(ブドウ膜炎の時に見られる炎症徴候)、水晶体の異常など、多くの情報が得られる検査です。
眼底検査は、眼底(眼のいちばん深い奥のエリア)を観察する検査で、網膜疾患、高血圧などが検出されることがあります。
今回は、眼球モデルと、スタッフの愛犬に頑張ってもらい、実習をさせてもらいました🐶

他にも、眼圧検査(緑内障などの診断)やシルマーティア試験(ドライアイの診断)、フルオレセイン染色(角膜の傷の染色)
など、たくさんの検査をする事で、診断・治療を行っていきます。

看護師さんも、普段は見られない眼の構造をモニターで確認したり、保定や検査の仕方をしっかり勉強してくれていました☀
これからも、眼科に限らずスタッフ一同たくさんの知識・技術の向上にはげんでいきたいと思います‼

土日も診療、愛知県豊橋市の動物病院 セピどうぶつ病院でした🐾