少しずつ外の気温も上がってきて、蚊を多く見かけるようになってきました。

そこで今回は本当は怖いネコちゃんのフィラリア症について、少しお話をさせていただこうと思います。

 

まず、フィラリア症とは、蚊に刺されることによって感染し、フィラリア(寄生虫)が肺動脈と心臓に寄生する疾患です。

一般的にワンちゃんの飼い主様にはよく知られていますが、実はフィラリアはネコちゃんにも感染します。

 

ネコちゃんの場合、フィラリアに感染していても寄生数は少ないため検査が難しく、症状も出にくいのですが、ネコちゃんの心臓や肺動脈は小さく、たとえ1匹のフィラリアに感染しただけでも肺動脈を塞いでしまったり、免疫反応によって肺の組織に急性の炎症を起こして食欲不振、嘔吐、咳、呼吸困難などの症状が出たり、ひどい場合には突然死をまねくおそれもあります!

今、10頭に1頭のネコちゃんがフィラリア幼虫に感染しており、その内の4割が室内飼育といわれています。

一度フィラリアに感染してしまうと根本的な治療法はないため、予防していただくことがとても大切です!

 

ネコちゃんのフィラリア予防に対しては、当院では背中にお薬を直接塗布していただくタイプのものを取り扱っております(‘ω’)
一緒にノミなどの予防もできますので、是非大切なご家族の健康を守ってあげてください★

 

土日も診療のセピどうぶつ病院でした