2月14日はバレンタイン♡

皆さんは誰にどんなチョコを渡しますか?

本命?義理チョコ?友チョコ?

1年の中で一番チョコレートを食べる機会が多いではないでしょうか(*´ω`*)

実はワンちゃん猫ちゃんのチョコレートの誤食による中毒症状が多い時期でもあるのです‼

それは何故かというと、チョコレートの主成分であるカカオのテオブロミンという成分が原因と言われています。テオブロミンは中枢神経や心臓を刺激する毒素をもっています。

人は❔と思うかもしれませんが、人には害があるほどの量ではありません。しかし、ワンちゃん猫ちゃんにはテオブロミンを代謝する力が弱い為、少量でも中毒症状を起こしてしまいます。

今ではダイエットや健康に良いと言われ、カカオ成分が多く含まれたチョコレートも出てきていますが、そのようなビターチョコレートほどワンちゃん猫ちゃんには危険です。

例えば、

5kgの小型犬が一体どの位の量を食べたら中毒を起こすと思いますか❓

実はミルクチョコレートの板チョコを2枚(1枚約60g)食べたら中毒になります。

もし食べたのがダークチョコレートだったら2/3枚で中毒を起こします。

もちろん個体差はあるので少量食べただけでも中毒を起こす子もいます。チョコレートだけでなく、ココアパウダーにもテオブロミンは入っているので気をつけてくださいね(´・ω・`)💦

 

中毒症状としては、、、

嘔吐や神経障害、興奮、口渇(水をたくさん欲しがる)

下痢、利尿、運動失調、痙攣

が起こります。

ワンちゃんだと包装紙ごと食べっちゃたりして腸内で詰まってしまうこともあるので注意が必要です(゚д゚)!

もし、チョコレートを食べてしまったら食べて数時間であれば吐かせたり、胃の洗浄を行うことが出来ます。時間が経ってしまっていても吸収を抑える処置や、点滴で毒素を速く体外へ排泄させることもできますので、すぐに病院に連れてきて下さいね‼

土日も診療 愛知県豊橋市の動物病院 セピどうぶつ病院でした🐾